2005/09/28

Asus Note M5200N HDD 120GB 換装


Asus M5200N
05/08/03 に購入した Asus M5200N は S5200N に使用していたHDST製Travelstar IC25N080ATMR04 80GB をそのまま載せ換えただけでしたが、かなり手狭になってきました。

そこで安くなってきた 120GB HDD に換装することにします。 もっとも、一番のきっかけは、M5200Nに Inatall している Sony Navin’you に使用できる地図として Alpus社の ProAtlas W2 DVD 3枚組(フルインストール時 11GB ! )を購入したことによります。


Asus M5200Nには、GPS Navi ソフトとしてSony Navin’you 5.5 をインストールしていますが、さすがに搭載地図が古くなってきました。

と言っても、既にSony Navin’you は開発が中止されており、新しい地図を求めても入手が出来ません。

色々調べていると、Sony Navin’you だけでは ProAtlas W2 の地図Dataを利用することが出来ませんが、べしお氏作成の プロンユーV2001 (要 Nifty ID & 転載禁止)を使用することにより ProAtlas W2 の地図Dataが利用できるようになるとの事。

プロンユーV2001は Nifty パソコンGPSフォーラム データライブラリ に掲載されていますのでこれを利用させて頂きます。

母艦PC用 3.5inch HDD Moble Rack


2.5inch USB Moble Case
さて、現在、2.5inch 120GB HDD は 東芝、Seagate、日立IBM、富士通 の4社の製品が流通していますが、送料込み 19,500円と一番安かった東芝製MK1233GASを選択。

回転音を聞いてみると、HDDに耳を密着するくらい近づけないと聞こえないくらい小さな音ですし、アクセス音も同様に小さいです。

Asus M5200N 内に装着するとほとんど気になることはないと思います。

また発熱量も現在使用中の IC25N080ATMR04 に比較して小さく、結果的に非常に良い選択ができたと思っています。

OSとDataの引越しは、 True Image 7.0 で行ないます。

最初、Asus M5200N から IC25N080ATMR04 HDD を取り出し、3.5 => 2.5 inch 変換アダプターを使用して 母艦PC で操作をする予定でしたが、母艦PC でどうしても認識しません。

IC25N080ATMR04 のJumper pin を付けたり外したりかなり難航した挙句、結局諦めて、新たに購入したMK1233GAS を接続すると一発で認識。

よく考えてみると、Asus M5200N はHDD の取り外しが簡単なため、M5200N 盗難 Risk に備えて IC25N080ATMR04 には HDD Lock を施していたことを思い出して、納得。



True Image 7.0

そこで、IC25N080ATMR04 を M5200Nに戻し、MK1233GAS を 2.5inch USB Moble Case に入れて接続。True Image 7.0 で パーティションの変更と併せて OSとDataの引越しを行ないましたが、index corrupted と表示が出て途中で失敗します。やはり HDD Lockが原因?・・・・・。

ところが、HDD Lock を外そうにも Pass Word を忘れていまい外せない。うーむ、困った。

で、HDD引越し方法を変えてみることにします。先ほどと同様に、M5200N とMK1233GAS を2.5inch USB Moble Case 経由で接続し、M5200N から MK1233GAS のパーティションを切ると共にNTFSでフォーマットします。

MK1233GASは、C Drive として 21.5GB, 残りを全て D Drive に割り当てます。

この状態で、 IC25N080ATMR04 の C Drive の image を MK1233GAS のD Drive( M5200N上はF Drive)に一旦 保存し、この image を元に MK1233GAS のC Drive ( M5200N上はE Drive)を作ります。

ただ、この方法を取った場合の注意点としては、MBR(マスターブートレコード)の保存ができないことです。

Acronis True Image 7.0 の FAQ によれば、

[イメージの保存]の際にはハードディスク全体のイメージ作成の場合のみ、MBRも保存します。復元する際も同一容量のハードディスクの場合には、 MBRも復元できます。パーティション単位のイメージ作成の場合には、MBRは保存しません。また異なった容量のハードディスクに、 MBRも含めてハードディスクの内容をコピーするには、[ディスクのクローン作成]機能をお使いください。

となっています。

HDD全体のImageが取れないので、C drive のみの HDD Image を 新しい HDD に作成して復元を図ったところ、M5200N 立ち上げ時の Powered on password は 新しいHDD に移転されていませんでした。

また、Windows XP Proffesional も 一旦立ち上がるものの Log In しても、すぐに Log Off となり、また Log In を要求してくるという Loop 状態になっていました。

OSの修復インストールが必要になりますが、OS の Setup File ($WIN_NT$.~BT、$WIN_NT$.~LS、$LDR$、boot.ini、txtsetup.sif) は残してあるので、それほど手間をかけずになんとか移行出来そうです。

ただ、修復インストールした場合、暗号保護設定しているファイルにアクセスできなくなる可能性があるので、 一旦全ての暗号保護設定ファイルを元に戻します。

私の場合、System Trouble でOS が立ち上がらなくなった場合を想定して必ず、1つのHDDに同じOSをInstallしています。C Drive の OSは復元できませんでしたが D Drive を NTBackup で復元したOSは問題なく立ち上がりました。

この後、C Drive の 修復インストールを行ないましたが、C Drive は動作が今ひとつ不安定で、結局のところ、 OSを新規インストールして最初から出直すことにしました。

HDD の引越しに2日間かけましたが、徒労に終わってしまいました。ふう・・・。



2005/10/01 追記

東芝 MK1233GAS のHDbench です。4200rpm ですが、転送速度はかなり速いという印象です。

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.40 beta 6 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name M5200N
Processor 1500.05MHz[GenuineIntel family 6 model 9 step 5]
VideoCard Intel(R) 82852/82855 GM/GME Graphics Controller
Resolution 1024x768 (32Bit color)
Memory 514,864 KByte
OS 5.1 (Build: 2600) Service Pack 2
Date 2005/10/01 18:56

Intel(R) 82801DBM Ultra ATA Storage Controller - 24CA
プライマリ IDE チャネル
TOSHIBA MK1233GAS

Intel(R) 82801DBM Ultra ATA Storage Controller - 24CA
セカンダリ IDE チャネル
MATSHITA UJDA755 DVD/CDRW

PCMCIA IDE/ATAPI Controller
SanDisk SDCFB-128

Drive C:\100MB

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
27462 69167 70129 53180 37257 72476 59

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write RRead RWrite
23181 20935 9180 110 28484 24450 9443 11979




Asus Note M5200N 関連 Page
05/08/03 Asus Note M5200N Bare Born 購入
05/09/28 Asus Note M5200N HDD 120GB 換装
05/10/17 Asus Note M5200N CPU 2GHz 換装
07/04/01Asus Note M5200N HDD 160GB 換装








当 Page への Link は自由ですが、Auction 等の商品説明や補足のために Link を張る事は堅く禁じます。(詳細はこちら

Copyright (c) 1999 - 2006 takajun. All rights reserved.