2007/06/05

M-AUDIO NRV-10 購入




今まで、アナログミキサーとして MACKIE 1402VLZ を使用してきましたが、これを デジタルデータ として PC に取り込むには

M-Audio Fast Track Pro (USB 経由) か

Pinnacle Liquid Silver(SDI or AES/EBU 経由)
Creative Professional E-MU 0404 Second Edition
Sony DSR-80 (SDI or AES/EBU 経由)

のいずれかを使用する必要があり、M-Audio Fast Track Pro (USB) を除くと、それなりに気合を入れないと気軽に録音ができない環境でした。

かといって、M-Audio Fast Track Pro では少し役不足な場合も多く、 アナログミキシングしたデータをそのままデジタルデータにできるツールを探していましたが、最近このようなコンセプトで使用できるいくつかのツールが出揃ってきたことから、 M-AUDIO NRV-10 を購入することに決定。



NRV-10 と MACKIE 1402VLZ の大きさを比較すると、面積的には MACKIE 1402VLZ の方が少し大きいようです。

NRV-10 を 90度回転させて MACKIE 1402VLZ の上に載せると MACKIE 1402VLZ の方がほんの少しはみだします。

M-AUDIO NRV-10 の購入先は サンミューズ店です。Pro Tools は録音系、Cubase は打ち込み系 向けのソフトといえますが、Pro Tools は持っていなかったため、Pro Tools M-Powerd 7 (7.31 Upgrade CD 同梱) を新たに購入。M-AUDIO NRV-10 と Pro Tools M-Powerd 7 を同時購入すると割引があり、更にPRODUCER FACTORY (メーカー希望小売価格 12,600円)も無料バンドルされてきました。これで クレジットカード決済、送料無料、税込正味支払額 105,000円(キャンペーン価格) 。安い!

Pro Tools と M-AUDIO 機器とのセット販売がこの他にも何種類もありますので、他の組み合わせも含め 一度覗かれると良いかと思います。( サンミューズ店のTOP Page から入り、Pro Tools内を探してみてください。)



使用する PC は Core 2 Duo E6600 + DG965WHMKR + 8600GT (WindowsXP SP2) です。

Mother Board の DG965WHMKR には 2つの IEEE1394 (FireWire) 端子が用意されていますが、 画像 Deta 取り込み用と 外付け DVD-RW 用に塞がっていますので、手持ちの IEEE1394 Card を追加します。

IEEE1394 用 Chip は色々な メーカーが作っていますが、Texas Instrument 製が一番安定していますので、同 Chip を搭載した Card を選択します。


用意ができたら、NRV-10 を PC に接続しないで、NRV-10 の Driver を 最初に install します。

install が完了しますと、自動的に PC が Shutdown しますので、Shutdown 後、NRV-10 と PC を IEEE1394 Cable で接続し、Reboot しますと、NRV-10 が認識されます。

IEEE1394 Card は OS (WindowsXP) 自体が Chip Driver を持っていますので IEEE1394 Card を増設しても特に作業は不要です。



認識できたところで、先ずは音を出してみます。

「サウンドとオーディオデバイスのプロパティ」で、音の再生デバイスを NRV-10 にしますが、

M-Audio NRV-10 1/2 -----> Multi

のいずれを選択しても、なぜか、 NRV-10 1/2 しか出力されません。

PC の問題かと思い、別の PC に接続しましたが、同じ現象が発生します。

CD の再生ツールは、iTunes を使用。

うーむ・・・?はて?

Pro Tools M-Powerd 7 はまだ install ができていませんので install 済みの Cubase SX 3 で動かしてみますが、こちらも出力ルーティング設定をきちんとしていないので上手く動作しません。

どうにも使い勝手が分からず、購入先のサンミューズ店 に 電話で SOS。


電話に出ていただいたM氏も M-Audio NRV-10 は出荷されて程なく、触っていないとの事でしたが、気持ち良くご対応いただけました。

M氏のアドバイスどおり、メーカーの電話サポートはいくら待ってもオペレータに繋がらず途中で退散。mail での質問の方が精神的に良いようです。


いずれ Cubase SX 3 の再設定はするにしても NRV-10 のチェックで、CD を聞くためだけに、出力ルーティング設定を直すのも少々面倒です。

そこで、再生ツールを Windows Media Player 10 に変更してみます。

Windows Media Player 10 の上部のツールバー の好きなところで右クリックし、ツール => オプション を選択します。

オプションのデバイスタブから スピーカを選択し、プロパティを開きます。

このプロパティで「使用するオーディオデバイス」に、出力したいチャネルを選択することにより、ようやく、意図するチャネルに出力する事ができました。

ふう。一時は初期不良かと思ってしまった・・・(^^ゞ

因みに、iTunes では、この設定ができないようで、「サウンドとオーディオデバイスのプロパティ」で、出力チャネルを設定しても、NRV-10 1/2 以外には出力できませんでした。

2007/08/04 追記
iTune で M-Audio NRV-10 を使用する方法が分かりましたので、こちらに使用方法を記載しています。

まだ、購入したばかりですので、直感的な感想のみ記載しておきます。

アナログミキサー部の MACKIE 1402VLZ との比較では、スライドフェーダのつまみ形状にもよるよるところが大きいのでしょうが、MACKIE 1402VLZ の方がスムース感があります。

また、Main Mix がモノラル x 2 ではなく ステレオ でしか操作できない点も少し不満が残ります。まあ、アナログミキサー側ではなく、PC 側の DAW を使えば問題ないことですが。

音質的には、MACKIE 1402VLZ より少し硬さが感じられましたが、好みの問題ですし、十分調整できる範囲だと思います。(でも MACKIE 1402VLZ の音の方が好き!)


(拡大)
尚、NRV-10 の添付ソフトに NRV10 interFX があり、インストールしたところ、Compressor/Gate が使用できるようになりました。

従来 MACKIE 1402VLZ を使用しているときは、Compressor/Gate に dbx 266 を併用していましたが、これからは、NRV10 + interFX で対応できそうです。

但し、NRV10-interFX Pro を使用しないと、MIC 入力に Compressor/Gate をかけた状態で録音はできないようなので、手持ちのアナログ Compressor/Gate dbx 266 はもう暫く使用することになりそうです。


LP レコードの 高音質デジタル化 関連 Page
2007/06/05 M-AUDIO NRV-10 購入
2007/06/10 LP レコードの CD デジタル化
2007/06/27 M-AUDIO DELTA AUDIOPHILE 192 購入
2007/07/08 LP レコード バキューム クリーナー VPI HW-16.5 購入
2007/07/11 Ortofon Concorde Pro S/S MM カートリッジ購入
2007/07/12 Ortofon MC☆10W(MCスター10W) カートリッジ購入
2007/07/19 Ortofon OM ARKIV E/E MMカートリッジ購入
2007/08/03 LP レコード バキューム クリーナー VPI HW-16.5 EP 盤用アダプタ製作
2007/08/10 MACKIE FireWire Onyx 400F 購入
2007/09/02 東志 デジタル針圧計 PS-ST15 購入
2007/09/15 東京防音 ターンテーブルマット THT-291 購入
2007/10/06 RME Fireface 800 購入
2007/12/03 WACOM Tablet Bamboo 購入
2007/12/04 Ortofon MC-MM フォノイコライザ EQA-777 購入
2008/03/16 Mackie Onyx 1200F Studio Recording Preamp 購入
2008/03/19 DENON DP-500M (Analogue Turntable) 購入
2008/03/20 Pro-Ject RPM 9 (Analogue Turntable) 購入
2008/03/22 DENON MC DL-301II 購入
2008/03/26 VPI Scout (Analogue Turntable) 購入
2008/03/30 Marantz TT8001(Analogue Turntable) 購入
2008/04/12 アナログプレーヤー 用 ストロボ 制作(その1)
2008/04/19 VPI Super Scoutmaster (Analogue Turntable) 購入
2008/05/10 K&R MC Headamp の製作
2008/05/14 アナログプレーヤー 用 青色ストロボ 制作(その2)
2008/05/16 MCカートリッジを MMイコライザに接続する
2008/05/20 VPI Super Scoutmaster アウターリングクランプ
2008/05/30 ortfon MC Kontrapunkt b / VPI JMW 9 Signature Tonearm armwand 購入


 





当 Page への Link は自由ですが、Auction 等の商品説明や補足のために Link を張る事は堅く禁じます。(詳細はこちら

Copyright (c) 1999 - 2007 takajun. All rights reserved.