2008/03/20

Pro-Ject RPM 9(Analogue Turntable)購入




DENON DP-1300MKII を購入するつもりで予算を組んでいましたが、DEON DP-500M と聞き比べをしたところ 価格差ほどの差異が感じられなかったので 先日 DEON DP-500M を購入 しました。

予算がかなり余ったので、その他の Analogue Turntable を探していたところ、マイナーモデルチェンジ前の新品 オーストラリア製 Pro-Ject RPM 9 (税込定価 207,900円)を見つけました。

Pro-Ject RPM 9 と Pro-Ject RPM 9.1 の一番の違いは、アームのカートリッジ取付部分 です。

写真は Pro-Ject RPM 9 のアームです。よく見るとカートリッジの取付部分が 2ピースになっています。

Pro-Ject RPM 9.1 のアームはアーム部分とカートリッジの取付部分が一体化されたカーボンファイバー製です。
Project RPM9 and RPM9.1 differences? (From vinylengine )

One difference is the tone arm. The new 9.1 has the single piece carbon tonearm, the 9 has an head shell which is stuck on. I have not heard either, but the reviews make it out that the difference is a big one. If you plan to push up the cart to high levels, the tonearm would become a constraint. For most mortals however the rpm 9 tonearm should be fine. by Purnendu

Pro-Ject RPM 9.1 の税込定価は 304,500円ですので、 モデルチェンジの内容と価格差を考えると Pro-Ject RPM 9 はかなりお買い得といえます。



カートリッジには追加購入した新品の ortofon MC☆10W を装着。

ターンテーブルの下には RASK インシュレーター I-4333W を設置しました。

お気に入りなのですが、今まで再生に苦労していた Carly Simon 「Torch」 を再生したところ、難なく鳴ってくれます。うーん、ちょっと幸せ・・・・!

音は モヤモヤ感のない すっきり くっきり で私の好みにぴったり、言うこと無しです。

これでまた、所有レコードの デジタル化は最初の振り出しに戻りましたが、とても満足・・・。

あとは カートリッジを ortofon MC☆20W クラスにするか少し思案中です。


モーターの置き場所ですが、取扱説明書には、ターンテーブル中心のスピンドルから、モーター回転軸の中心まで 218mm にするようにとの説明がありました。

左写真のガイドについての説明がなく、紙で 218mm のガイドを自作して設定したのですがちょっと大変でした。

全てのパーツを取り付けてから、このプラスチック製のガイドを見つけ、その後は簡単に距離を調整することができるようになりました。


モーターシャフト軸はケースの中心から偏芯しています。

モーター部分とモーター台座部分は分離しており 360度自由に回転させることができるため、上記のガイドで大まかにモーターの置き場所を決めてから、モーター本体を回転させて、正確に距離を出します。

電源が入ると、手前の小さな くぼみ が青色LED で輝きます。


モーターを180度回転させたところです。

モーター台座の位置は変わっていませんが、モーターシャフト軸は、ターンテーブルから かなり離れました。

モーターの横の黒いスイッチは、モーター用電源スイッチです。電源はACアダプターで16V(AC)に減圧されています。

尚、交流シンクロナスモーターですので、60Hz <=> 50Hz の変換には注意が必要ですが 60Hz <=> 50Hz プーリーはこちらから入手できます。





現在、Pro-Ject RPM 9 (9.1) の交換ベルトは入手が少し難しいですが、ElectronicParts Elex Atelier で $19.95 (+ Shipping Fee $10) で購入することができます。

たまたま、100円均一ショップで、女性向けの髪留めゴム( 7m )を見つけました。

ダメ元で購入し、糸ドライブの結び方を参考にベルトを自作したところ、問題なく動くではありませんか!

結び方を間違わなければ、プーリー部での段差も感じません。

何より、ゴムの外側に袋状の布がありますので、ベルトを素手で触っても問題ありませんし、プーリーにゴムがこびりつきませんので、プーリー掃除も不要です。

長さは、結び目の長さを入れずに丁度 1m です。

Pro-Ject RPM 9 のオリジナルゴムベルトは 断面が 3mm 角の正方形ですが、100円均一ショップ のゴムは 2mm φ の円形です。

一番の問題は、ゴムの柔らかさで、オリジナルゴムベルトはかなり柔らかく 伸びるタイプです。

自作ゴムベルトを作ってみて気付いたのですが、オリジナルゴムベルトは、回転を始めるときに、ターンテーブルがモーターの回転についていかず、ゴムがビヨーン と伸びます。

このゴムの戻りの反動を利用してターンテーブルが回転を始め、暫くして定速回転に達します。

自作ゴムベルトの場合は、外側に袋状の布があることもあり伸び率が悪いので、テンションが高いとゴムの反動を利用したターンテーブルの起動ができず、モーターの回転が止まったままになることがあります。

対応策としては、モーターの位置をターンテーブル側に移動させ、テンションを小さくする必要があます。

ゴムの材質(伸び率)によってはベルト長をオリジナルより10%程度長くするほうが良い結果を得られるかもしれません。

あるいは、テンションを十分に取りたいということであれば、8kg の超重量級ターンテーブルを使用しているNOTTINGHAM INTERSPACE HD (税込定価 417,900円 ) のように初期回転を手で行なうことも可能かと思います。

105円で 7m もありますから色々遊べます。 (^^ゞ


(拡大)

(拡大)
ID,パスワードはいずれも user です。


2008/03/22 追記

早速、お気に入りのレコードから、Pro-Ject RPM 9 + ortofon MC☆10W + ortofon EQA-777 + Mackie Onyx 1200F の組合せで 192kHz 24bit デジタル化を始めました。

すごい!。 何度も聴いていたレコードなのに、まるで初めて聴くレコードのように新鮮に聞こえます。 今まで、何を聞いていたのだろうと思わせるものがあります。これがアナログの奥深いところなんでしょうね。

Pro-Ject RPM 9 (9.1) は価格的には エントリー機種になりますが、これほどの音を出すとは思いませんでした。購入したことに悔いはありませんし、お薦めできるプレーヤーですが、逆に、もっと高額なアナログプレーヤーに目覚めそうで怖いです。



2008/03/26 追記

VPI Scout
Pro-Ject RPM 9 を購入して アナログレコードの音の良さにあらためて驚かされましたが、さらに良い音を求めてMICHELL ENGINEERING GYROSE/UNV1(税込定価 546,000円 => 実売 税・送料込価格 398,000円)か VPI Scout (税込定価 367,500円 = 実売 税・送料込価格) で悩んだ末に VPI Scout を購入 することにしました。

( NOTTINGHAM INTERSPACE HD も実売 税込 355千円程度なのでこれも一応選択肢に入れてました。)

だんだん沼にはまっていきそうです。とはいえ、1週間で Pro-Ject RPM 9 から VPI Scout への買い替えですから、やっぱりもう落ちたのかなあ・・・・



2008/04/19 追記


VPI Super Scoutmaster

2008/04/03 に VPI Scout (税込定価 367,500円) が届いたのですが、聴いてみると これが何とも素晴らしい。

2週間、会社から帰ると毎日この VPI Scout でレコードを聴いていましたが、音があまりにも良いので、上位機種の VPI Super Scoutmaster (税込定価 1,155,000円) がどうしても欲しくなり 勢いで VPI Super Scoutmaster を買ってしまいました。

VPI Scout は VPI SuperScoutmaster with Signature Tonearm のサブ機として使用します。



2009/02/14 追記


VPI Scoutmaster

2008/04/03 に購入した VPI Scout (税込定価 367,500円) ですが、VPI Super Scoutmaster with Signature Tonearm (税込定価 1,155,000円)のサブ機として使用するとやはり音質面で見劣りすることから、サブ機として VPI Scoutmaster with Signature Tonearm (税込定価 525,000円) に買い替えました。

VPI Scoutmaster の標準トーンアームは VPI Scout と同じ JMW-9 Memorial Tonearm ですが、VPI Scoutmaster も VPI Super Scoutmaster と同じ JMW-9 Signature Tonearm をオプションで選択しました。

これでトーンアームは、VPI Super Scoutmaster と同じアームになりますのでアームワンドの相互交換が可能になります。




LP レコードの 高音質デジタル化 関連 Page
2007/06/05 M-AUDIO NRV-10 購入
2007/06/10 LP レコードの CD デジタル化
2007/06/27 M-AUDIO DELTA AUDIOPHILE 192 購入
2007/07/08 LP レコード バキューム クリーナー VPI HW-16.5 購入
2007/07/11 Ortofon Concorde Pro S/S MM カートリッジ購入
2007/07/12 Ortofon MC☆10W(MCスター10W) カートリッジ購入
2007/07/19 Ortofon OM ARKIV E/E MMカートリッジ購入
2007/08/03 LP レコード バキューム クリーナー VPI HW-16.5 EP 盤用アダプタ製作
2007/08/10 MACKIE FireWire Onyx 400F 購入
2007/09/02 東志 デジタル針圧計 PS-ST15 購入
2007/09/15 東京防音 ターンテーブルマット THT-291 購入
2007/10/06 RME Fireface 800 購入
2007/12/03 WACOM Tablet Bamboo 購入
2007/12/04 Ortofon MC-MM フォノイコライザ EQA-777 購入
2008/03/16 Mackie Onyx 1200F Studio Recording Preamp 購入
2008/03/19 DENON DP-500M (Analogue Turntable) 購入
2008/03/20 Pro-Ject RPM 9 (Analogue Turntable) 購入
2008/03/22 DENON MC DL-301II 購入
2008/03/26 VPI Scout (Analogue Turntable) 購入
2008/03/30 Marantz TT8001(Analogue Turntable) 購入
2008/04/12 アナログプレーヤー 用 ストロボ 制作(その1)
2008/04/19 VPI Super Scoutmaster (Analogue Turntable) 購入
2008/05/10 K&R MC Headamp の製作
2008/05/14 アナログプレーヤー 用 青色ストロボ 制作(その2)
2008/05/16 MCカートリッジを MMイコライザに接続する
2008/05/20 VPI Super Scoutmaster アウターリングクランプ
2008/06/04 VPI JMW-9 Memorial Tonearm armwand /VPI JMW 9 Signature Tonearm armwand
2008/06/28 VPI な小物達
2008/09/06 VPI Scout + VPI SDS 初期回転起動エラー対策
2009/02/14 VPI Scoutmaster with Signature Tonearm / clearaudio Basic PLUS 購入
2010/04/01 VPI SuperScoutmaster & VPI Scoutmaster メンテナンス


 





当 Page への Link は自由ですが、Auction 等の商品説明や補足のために Link を張る事は堅く禁じます。(詳細はこちら

Copyright (c) 1999 - 2007 takajun. All rights reserved.